小桜クマネコ × チンジャオ娘の新作!

 

『ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして』

 

第1話を早速まとめていきます。

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽



 

第1話 雪の降る夜に出会った少女はパスタを食べたことが無いと言った

「おらよ!もっとキツく締めねえか!」

 

怒鳴る男性の声。

 

怒鳴られながらガリガリの少女が、

無表情のまま犯されている。

 

「できそこないのクズ娘が」

 

どうやら男が犯している相手は自分の娘らしい。

 

「ケツ出せって言ってんだよボケ!」

 

怒鳴る父親。

 

「…お腹空いた」

 

ボソッとつぶやく少女。

 

「やることやらねえで…食えるわけねえだろ飯が…!」

 

顔面をバシッバシッと何度もなんども叩かれる少女。

その様子がとても痛々しくてみていられない!

 

その後、父親は家の酒が切れたので買いに出掛けていった…

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽



 

父親が鍵をかけずに出掛けた一瞬のスキをついて、

少女は家から逃げ出した。

 

「はっはっはっ」

 

「はっはっはっ」

 

外は雪が降っていてとても寒い。

その中上半身にスウェットを着ただけの少女が、

懸命に逃げている。

 

だがそのうち歩けなくなって、

地面にうずくまってしまった…

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽



 

そこに偶然通りがかったサラリーマン風の若い男性が、

少女に話しかける。

 

「何があったかわからないけど…ほら行こう警察に…!」

 

「いや…っいや…っ」

 

必死の形相で逃げようとする少女。

 

きっと警察に連れて行かされると、

またあの家に戻ることになるからだろう。

 

少女は男性に力なく抵抗して、

そのまま気を失ってしまった…

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽



 

ーどこかの家の中ー

 

男性は気絶した少女を連れ帰り、

介抱したようだ。

 

目を覚ます少女。

 

男性は少女にパスタを作って出してあげた。

 

はじめは警戒する少女だったが、

よっぽどお腹が空いていたのか、

パスタをペロリと平らげてしまう。

 

男性が名前くらい聞かせて欲しいと頼み、

少女は『ナナ』

男性は『石川』

とそれぞれ名乗った。

 

パスタを食べ終わるとナナは突然…

 

「私はあなたに何をすればいいんですか?」

とたずねる。

 

「え…っ?」

と聞き返す石川。

 

どうせセックスするためにこんな餌で釣ろうと思ったんでしょ

と冷めきった言葉を放つナナ。

 

そしてナナは石川のファスナーを降ろそうと執拗に迫ってくる(笑)

 

君みたいな少女とできるわけないと、

あまりいい訳になっていないようなことを言う石川w

 

ナナはわたしもう18歳ですよと返し、

石川の言い訳を完全粉砕♪

 

幼く見えたのはナナがあまりにやせ細っているためのようだ。

 

ナナはあっという間に石川のチ○コをつかんで…

 

「…かなり大きいんですね」

 

そういいながらチンコをいじりだした。

 

ちゃかちゃか

 

ペロペロ

 

ナナは手コキもフェラもなぜか超一級!!

 

「がっ…君なんでそんなに上手な……」

 

石川はナナのあまりのテクに悶絶して・・・

 

続きは無料の試し読みで読んで見てください。

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽



 

ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして 第1話 感想

いやー!

 

まさかこんなに重い設定だとは…

ちょっとしばらく考え込んでしまいました(笑)

 

でもこれだけシリアスな題材をしっかりと描きつつ、

エロ要素もきちんと取り込みグイグイ読者を惹きつける!

 

チンジャオ娘のシナリオ力・構成力!

それに小桜クマネコの絵柄も最高です!!

 

続きが気になってしょうがないですね♪

 

▽▼無料の試し読みは画像をクリック▼▽



 

⇒第2話のまとめはこちら

 

あなたへのおすすめ